1. Top » 










1億円貯める方法 重要なことは今すぐ始めること

老後資金の必要額は1億円といわれています。
年金システムの崩壊がいわれている今、老後資金は国や企業に頼るのではなく、自分で考えておく必要があります。

1億円を貯めるには、貯金だけでは遠い道のりです。

ではどうすればいいのか?

300万円くらいの資金を運用して、時間と複利を味方につけることです。
300万円を年利回り13%で30年間複利運用できれば1億円貯まります。

では年利回り13%で運用するには何に投資すればいいのでしょうか?

株でしょうか?FXでしょうか?

年利回り13%を実現し、1億円貯めるためにはファンドを利用するのが一つの方法です。

ではどんなファンドでしょうか?

年利回り13%を実現し、1億円貯めることが現実的に考えられるファンド

マネージド・フューチャーズ・ファンドといわれるファンドがあります。
マネージド・フューチャーズは、商品先物および金融先物に専門に投資するファンドのことです。

マネージド・フューチャーズ・ファンドは、2008年のリーマンショックで世界中の株式などの金融資産が大暴落する中、プラス20%~30%のリターンをたたき出しているファンドです。

マネージド・フューチャーズは、ヘッジファンドの戦略の一つですから、マネージド・フューチャーズ戦略をとっているヘッジファンドに投資するということが年利回り13%を実現し、1億円貯めることが現実的に考えられる一つの方法です。


300万円をマネージド・フューチャーズ戦略ヘッジファンドに投資し、
その一方で、世界中の株式や債券に分散投資できるバランス型ファンドに、毎月少額でもいいので積立投資をしていく という方法を組み合わせていくことが、1億円貯めるには、より効果的です。

ヘッジファンド(マネージド・フューチャーズ・ファンド)をポートフォリオのコアにした分散投資で資金を運用していく戦略です。
景気変動に左右されず、絶対リターンを追及するヘッジファンドを中心にポートフォリオを構築すると、景気変動による価格変動リスクを抑えることが期待できます。
つまり、資金を景気変動や金融市場の大暴落から守りつつ、着実に増やしていけることが期待できるということです。

老後資金の必要額の1億円を貯めるには、資金を効果的に運用していくことが近道になるのではないでしょうか。

マネージド・フューチャーズなど
海外ファンド投資法














Page Top